忍者ブログ

テーマ別に複数サイトを運営することもネットショップ運営の方法

ネットショップの作り方、無料のECサイト構築等、初心者のためのネットショップ開業講座【お得じゃん=OTJ】グループ
ブックマークしましょう♪
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 
無料で売上アップ!!メールマガジン
メルマガ購読・解除
成功するネットショップ運営の秘訣を公開
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
ネットショップ研究会
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
商品画像のクオリティを上げたい方は、まずは、フォトショップエレメントを購入してみよう!
無料相談 ネットショップ実施中 ネットショップ開店 OTJ
最新CM
[05/15 Backlinks]
[02/03 age]
[11/23 アフィリエイトガイド管理人じん]
[09/15 セックス体験談]
[09/13 履歴書の添え状]
ブログ内検索
バーコード
18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



集客のためには、テーマ別に複数サイトを運営することも

とり得る選択肢の一つだ。


例えば、家具のお店があったとする。


1つサイトを作って、

例えば、
kagu.com というサイトを作って、棚やソファーやベッド、椅子など
全般的に、家具を扱ったとする。


その家具のサイトがある程度運営を進めていったところで
どこかの段階で、アクセス人数が頭打ちになることがあるだろう。


その場合にとれる方法として、

細分化されたテーマ別に、

本棚.jp とか、 こたつ.biz とか 座椅子.info  とか


3サイト作ってみたとする。


そうした場合に、

例えば、kagu.com 単体では 月間8万PV だったのが
本棚.jp で、3万PV  こたつ.biz で、1万PV 座椅子.info で 5000PV

だった場合、TOTALで、12万5000PV のユーザーにリーチできる計算になる。


複数サイトを運営するメリットはそこにある。

なぜそのような結果になるかは
サイト運営をおこなっていれば感覚的に気づくだろうが、

検索エンジンで対策できるキーワードは決まっていて

テーマを絞ったほうが有利だからだ


また、上記のような理由から、今後 大手資本が
積極的に、ニッチキーワードのマーケットに参入してくることは

現実的に、可能性が高い


なぜなら、複数サイトの運営は
上記のようにメリットがあるうえ、その労力や手間はコンテンツの焼き直しの場合

ほとんどないに等しいからだ。







PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright c ネットショップの作り方 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]