忍者ブログ

ネットショップの成功するためのポイント

ネットショップの作り方、無料のECサイト構築等、初心者のためのネットショップ開業講座【お得じゃん=OTJ】グループ
ブックマークしましょう♪
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 
無料で売上アップ!!メールマガジン
メルマガ購読・解除
成功するネットショップ運営の秘訣を公開
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
ネットショップ研究会
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
商品画像のクオリティを上げたい方は、まずは、フォトショップエレメントを購入してみよう!
無料相談 ネットショップ実施中 ネットショップ開店 OTJ
最新CM
[05/15 Backlinks]
[02/03 age]
[11/23 アフィリエイトガイド管理人じん]
[09/15 セックス体験談]
[09/13 履歴書の添え状]
ブログ内検索
バーコード
17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネットショップの成功するためのポイントをご紹介します。

成功するためのノウハウを知ることが成功への近道になります。
そのために、すぐ実践出来るポイントまとめです。

ポイント1.そもそも需要のない商品には注意

ネットショップで、複数の商品を取り扱っていると、
なぜか良く売れる商品と、売れない商品に分かれてきます。

売れない理由はさまざまです。
ページ自体のアクセス数が少ない、
見せ方・売り方が悪いということなら、改善の余地はありますが、

注意が必要なのは、『ユーザーからのニーズがそもそもない』場合です。
 

同一のサイト内で、アクセス数も同じ場合に特定の商品だけ売れないような場合は、
ユーザーが望んでないから売れない場合が多いです。

そのような商品に関しては、無理にプッシュせず、

売れ筋の商品に注力することが、商売にレバレッジを利かせるポイントです。

売れている商品の関連商品を新しくそろえたり、
同じページを改善するにしても、売れている商品のページを変更する、
売れている商品のページにユーザーを流し込むため、
TOPページのレイアウトを変更するといった施策が効果的です。

ポイント2.ネットショップでも、おもてなしが大事

顧客対応の窓口として、メールだけでなく電話も用意する。
メールの返信をなるべく早くする。など

ネットショップにおいても、顧客対応が重要なのはいうまでもありません。

しかし、もっと重要な事実があります。

実は、電話やメールで問い合わせをしてくれるお客様は、
全体の来店者のうち、ごくわずかのユーザーであることをご存知でしょうか?

問い合わせをするのって、けっこう面倒ですよね。
実際に問い合わせてくれるお客様は本当に少ないです。

インターネットで買い物するのって、結構夜遅くだったり、
中には、職場でなんてこともあります。

『営業時間終わってる。』
『日曜は休みか・・・』

のような経験ありませんか?
 

そんなユーザーの取りこぼし対策に
FAQページを活用しましょう。

ユーザーからの問い合わせは
まとめて、よくある質問という形で店舗からの返答を
ページに記載しましょう。

ポイント3.業務効率を上げるメール定型文

ネットショップに限らず、業務の効率化は重要です。

問い合わせをしてくるユーザーは全体の中の一部とはいっても
PV数や注文数があがってくると、ユーザーからの問い合わせメールの返信だけでも
結構な数になってきます。

そこで、同じような内容の返答や
お店からの連絡に関しては、あらかじめメールテンプレートを用意しておき、
それで対応するようにしましょう。

ポイント4.商品の発送の早さも重要

お店のうりとして活用できる部分はなにも、
商品や、値段だけではありません。

即日発送可など、発送の速さをうりにするサイトも多くあります。

ギフトなどのどうしてもその日に届けたいというニーズに対しては、
価格訴求よりも、確実にその日に届くということのほうが
ユーザーに刺さります。


ポイント5.ユーザーのベネフィット(満足)を考える

ネットショップの場合、商品のスペックだけでなく
ユーザーにとってのメリットや利用シーンが何なのかを考え、
それを商品ページに反映させることが重要です。

ネットでカニやスイーツを購入する際
エンドユーザーが思い浮かべているのは、
孫の笑顔だったりするのです。
(帰省してくる、息子一家のために食品を買う祖父をターゲットと想定した場合)

ポイント6.ユーザーにベネフィットを伝える

上記の例だと、商品ページに子供の笑顔の写真が必要です。
よく、カニや果物なんかの商品ページで子供が食べている写真が使われているかと思いますが
種をあかすとそういうことです。
 

ポイント7.クレームはチャンス

お客様からの苦情やクレームは改善のチャンスです。

人間ならだれでもミスはあるもの、
問題はミスをしたときの対応の仕方です。

悪かった部分に関しては、きちんと謝罪をし、
なにかしらのおまけやサービスをして
期待以上のものを提供すれば

その人は結果として、お店のファンになってくれたりもします。

また、そういったクレームに関して
ただ単に処理して終わりではなく、再発防止の措置を講ずることで
業務を改善し効率化することができます。


 

 


PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright c ネットショップの作り方 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]